ENDEAVOR NETWORK

IMGは、ENDEAVORグループの企業ネットワークの一社で、スポーツ、ファッション、エンターテインメント領域の中枢を担っています。私たちはグループの関連会社やパートナー企業と共に、グローバルに活躍しているクライアント企業、従業員やパートナーに業界最先端のクリエイティブなビジネスチャンスを提供しています。

ENDEAVOR

Endeavor(エンデバー/旧WME|IMG)は30ヶ国以上でビジネスを展開するスポーツ、エンターテインメント、ファッション分野のグローバルリーダー。米Fortune誌「25 Most Important Private Companies (世界の主要民間企業25社)」にも選出され、WME、IMG、UFCを始めとする多数の業界のリーディングカンパニーで構成されている。Endeavorのネットワーク企業は様々な分野に強みを持ち、タレント・リプレゼンテーション/マネージメント、ブランドマーケティング、スポンサーシップ/ライセンシング、メディアセールス/配信、イベント運営/マネージメント、スポーツトレーニング/リーグの開発等、多岐に渡る。

 

データに裏付けされたソリューションとストーリーテリングを専門としたマーケティングコンサルティングを行う総合ブランディングエージェンシー。クライアントにはプロスポーツチームやリーグ、高級ライフスタイルブランド、主要なカレッジや大学等がある。

EXPLORE
 

イメージメーカーのエージェントとして業界の草分け的な存在。フォトグラフ、映画、舞台美術、イラストレーション、スタイリングなどの分野で活躍する人気アーティストが多数所属する。

EXPLORE
 

大学商標のライセンシングを行うリーディングカンパニー。全米200に及ぶ大学商標を取り扱っている。

EXPLORE
 

コメディーアーティストのマネージメントを行う米国随一の企業。著名コメディアンが多数所属する。

 

2016年に米国のAdAge(アドバタイジングエイジ)とCreativity(クリエイティビティ)の「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した、大手アドバタイジングエージェンシー。

EXPLORE
 

IMGとTurner社が設立したeスポーツリーグ。世界で初めてeスポーツのテレビ放送を実現。

EXPLORE
 

ヨーロッパにおけるバスケットボールの発展を担う、プロバスケットボールの最高峰リーグ。 2015年にIMGがジョイントベンチャーパートナーとなる。

EXPLORE
 

Endeavor Global Marketingに属する、体験型マーケティングのリーディングエージェンシー。消費者体験イベント、ソーシャル/デジタル・アクティベーションを活用した大規模案件も手掛ける。

EXPLORE
 

アートメディア&イベント分野のリーディングカンパニー。

EXPLORE
 

Endeavor Global Marketingに属する、体験型マーケティングのリーディングエージェンシー。クライアントは主にスポーツ、エンターテインメント、ライフスタイル分野のスポンサー企業で、消費者の記憶に残るブランド・エクスペリエンスを強みとする。

EXPLORE
 

Endeavor Global Marketingと共に、デジタルサービス、タレントマネージメント、ブランドマーケティング、消費者コミュニケーションの強みを生かし、ブランドとタレントを結びつけるクリエイティブエージェンシー。

EXPLORE
 

国際支援団体ウィメン・フォー・ウィメン・インターナショナルによって設立された世界的なミス・コンテスト組織。世界190か国以上で配信され、年間5億人が視聴する。

EXPLORE
 

米国発祥の人気エクストリームスポーツ。年間300以上の大会を開催し、世界の50か国で累計5億人がテレビ視聴する。

EXPLORE
 

先進的なブランドのマーケティングを行うデジタルクリエイティブエージェンシー。

EXPLORE
 

IMGとAP通信社のジョイントベンチャーによって誕生した、スポーツニュースの映像配信エージェンシー。

EXPLORE
 

アーティストマネージメント及びコンサルティングのリーディングエージェンシー。著名なヘアスタイリスト、メークアップアーティスト、ファッションスタイリストなどが多数所属する。

EXPLORE
 

世界有数の総合格闘技団体。

EXPLORE
 

書籍、デジタルメディア、映画、フード、音楽、テレビ、演劇のアーティストや専門家を抱えるグローバル・エンターテインメント・エージェンシー。

EXPLORE
 

中国におけるWMEとIMGのプレゼンス向上のために設立された子会社。セコイア・キャピタル・チャイナ社、テンセント社、ファウンテン・ベスト・パートナー社による出資によって誕生した。