お問合せ
home > NEWS > NEWS RELEASE
2010.01.27 Client
ダニエル・ブールーとマネージメント契約を締結

世界的な賞賛を受けているシェフ、ダニエル・ブールーとIMGは、彼のブランドを広めていく新しいビジネス展開の一環として、ワールドワイドでのマネージメント及び代理人契約を締結しました。

ブールー氏は、ジェームズ・ビアード財団アワードにおけるシェフ・オブ・ザ・イヤーを始めとする受賞歴があり、自身のフラッグシップレストランであるDANIEL(ダニエル)はインターナショナル・ヘラルド・トリビューン誌から世界でベスト10に入るレストランと称され、ニューヨークタイムズ誌からは4つ星評価、ミシュランガイドでは3つ星の評価を受けるなど、華々しい功績を残しています。

ダニエル・ブールーについて
様々な受賞歴のあるレストランのシェフ、またケータリング会社のオーナーであるブールーは、地元の季節の食材のみを使用するというこだわりを持ち、彼が育った町フランス、リヨンでキャリアをスタートしました。フランスとコペンハーゲンでの著名なシェフの下での修行後、料理の幅を広げるため、米国へ移住。

米国ではワシントンDCの欧州委員会のシェフを務め、その後ウェストベリー ホテル内にポロラウンジを開き、続いてニューヨークのホテルプラザアテネ内にル・レジェンスを開きました。

ニューヨークのル・シルクではエグゼクティブシェフとして1986〜1992年まで活躍。その間、ル・シルクは米国内で最も評価の高いレストランのうちの一つとして複数回選ばれています。

1993年には、自身のレストランのDANIEL(ダニエル)をマンハッタンのアッパーイーストサイドにオープンしました。この成功により、カフェブールー、DBビストロモデルヌ、Bar ブールー、DBGBキッチンを続けて開店させました。最近ではバンクーバーに2店舗を開き、さらに米国外に新店舗を展開する予定です。

「ダニエルブールーコニスール」ブランドの商品としてカスピ海産キャビアとスコットランド産スモークサーモンの展開や、「ダニエルブールーキッチン(DBK)」の商品としてプロフェッショナルキッチンウェアの展開もしています。また食をテーマとした本を6冊著し、テレビ番組でパーソナリティーを務めるなど多岐に渡る活躍をしています。

NEWS一覧へ
※記載事項、写真等の無断転用を禁じます。 ページトップへ