お問合せ
home > NEWS > NEWS RELEASE
2009.09.18 Tennis
全米オープンでIMGクライアントが大活躍!

全米オープン2009がアメリカ・ニューヨークにある「USTA ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター」にて、2009年8月31日から9月14日にかけて開催された。

13日、車いすテニスの部男子シングルス決勝が行われ、世界ランキング1位で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)がノーシードから勝ち上がってきたマイケル・シェファーズ(オランダ)を6−0、6−0で下し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。国枝選手は今季、全豪・全仏両オープンのシングルスも制しており、シングルスでは無敗を続けている。

また、同じ13日、全米オープンジュニア大会でシングルス決勝が行われ、IMGクライアントのバーナード・トミック(オーストラリア)とヘザー・ワトソン(英国)が各々優勝を果たした。

トミックは男子決勝で、チェイス・ブキャナン(米国)をストレート6-1、6-3で下し、今年の2回目のグランドスラムジュニアを達成した。オーストラリア出身のトミックは全豪オープンでも優勝し、2000年のアンディ・ロディックがUSオープンと全豪オープンジュニアタイトルを獲得して以来の快挙である。

ヘザー・ワトソンは女子決勝でヤナ・ブチナ(ロシア)を6-4、6-1で下し、自身にとって初めてのグランドスラムジュニアタイトルを獲得した。第11シードのヘザーは本大会において6試合でたった1セットのみ落とすという好成績に終わり、実力を印象づけた。

NEWS一覧へ
※記載事項、写真等の無断転用を禁じます。 ページトップへ