お問合せ
home > NEWS > NEWS RELEASE
2009.04.21 Figure Skating
浅田真央、世界国別対抗戦で自己最高得点を達成

6ヵ国対抗の団体戦で争うフィギュアスケートの世界国別対抗戦が、4月16日〜19日、東京・代々木第1体育館で開催された。

女子シングルの浅田真央は、ショートプログラムで自己ベストとなる75.84点で首位に立ち、フリーでも、2度のトリプルアクセルに挑戦するなど安定した演技を見せ、国際大会自己ベストとなる合計201.87点で圧勝し、今季最後の舞台を華々しく締めくくった。

試合後、浅田は、「今季最後の試合なのでショート、フリーともにいい演技で終わりたかった。それができてうれしい」とコメントしており、バンクーバー五輪も開催される来季の活躍が大いに期待される。

NEWS一覧へ
※記載事項、写真等の無断転用を禁じます。 ページトップへ